熊本のペット霊園、お葬儀は緑薫る自然霊園の蓮華乃郷へ。遺体のお迎えから専用ヒツギでの個霊火葬、一体ずつの骨壷の納骨まで、親身にお世話させていただきます。

熊本のペットのお葬儀は大型霊園の蓮華乃郷

ホーム > 霊苑日記 >
霊苑日記 - 2013年5月

熊本市動物愛護センター2

こんにちは。
毎日暑い日が続いていますね・・・
昨日の熊本は基準値を上回るPM2.5が観測され、学校の運動会の練習もマスク着用や体育館で・・・という所もあったようです。
地球は将来どうなるんだろう?と考えてしまいます。
これも、人間がしてきたことへの代償なんですよね。
反省してもっと環境や地球のことを考えていかなければいけませんね。



さて、先日から熊本市動物愛護センターに伺ったときの事をお伝えしています。
今日は、ワンちゃんの写真を紹介します。
前回も書きましたが、ほとんどのワンちゃん達が犬舎に入っていて会うことができなかったのですが、小さなワンちゃんが日向ぼっこをしていました。
近付くと
「ワン!ワン!」
と元気に迎えてくれました。
人懐っこい子達ばかりで手を入れると体をすり寄せてきたり舐めたり、本当可愛くて♪
みんなきっと人が大好きなんでしょうね。
尻尾をちぎれんばかりに振ってきてくれました。


センターの方にお話を伺いました。
センターにはまだまだ沢山のワンちゃん達が保護されているそうです。
それでも一時期より数も減っているとか。
今、ワンちゃんの躾にも力を入れているとの事で、その成果もあるのかな?とおしゃっていました。
実際、見学させていただいている間もワンちゃんがお散歩の訓練のような事をしており、見ていると見事にセンターの方の横をピッタリくっついて歩いているんです!!
本当にお利口さんなんです!
おとなしくて、私を見ても吠える事なくお散歩していました。
飽和状態にあるセンターのワンちゃん達を根気よく躾されることは本当に大変な事だと思います。
それだけ、少しでも多くのワンちゃん達を新しい家族の元へ送ってあげたいという思いがあるんだろうなと頭の下がる思いでした。


迷子になってしまった子、捨てられた子、事情があって家にいれなくなってしまった子・・・
それぞれ事情はあるそうです。
でも、この子達だって私達と同じ大切な命なんです。
人間の勝手で無駄にして良い命なんてひとつもありません。
一生懸命生きているんです。
捨てられたり、虐待されたり、辛い思いをしてきた子もいるだろうと思います。
以前にも書いたように、本当に過去の記憶がフラッシュバックして
「もう捨てないで、イジメないで・・・」
と思っているのなら、本当に辛く悲しいです。


できることならこの子達みんなと暮らせる環境や財力が私にあればどんなに良いだろうといつも思います。
私にできることは限られていますが今の私にできることをと思い、時々ではありますがセンターの事をお伝えしています。
皆さんに知っていただければと思っています。


いつかこの子達にも心から愛してくれる家族ができることを願っています。

前回も書きましたが、講習会や譲渡会も行なわれていますので、お考えのかたは愛護センターへお問合せされてみて下さい。

熊本市動物愛護センター(ハローアニマルくまもと市)
住所:熊本市小山2-11-1
電話:096-380-2153







 
 

熊本市動物愛護センター1

こんにちは!
熊本地方、暑い日が続いております。
昨日、今日と30度近い気温で真夏のようです。
北海道などでは最近まで雪が降ったりという所もあったようですが皆さんのお住まいの所はいかがでしょうか?


さて、先日お客様からお預かりした書類を持って熊本市動物愛護センターへ伺ってきました。
お昼という事もあったのでしょうか、ほとんどのワンちゃんが犬舎の中にいて会う事はできなかったのですが、センターの方に許可を頂きネコちゃんのいる建物と外に日向ぼっこしていたワンちゃんの写真を撮らせていただきお話もさせていただきました。

全てのネコちゃんを載せる事ができないのが残念ですが、本当に綺麗なネコちゃん達ばかりで、手を伸ばすと体をスリスリ・・・
可愛いんですよ♪
とても人懐っこい子達ばかりでした。

 
そしてこちらがネコちゃん達の近くに掛けてあった掲示板です。
ご覧いただいてわかるように、ほとんどのネコちゃんが去勢、避妊手術をしてもらっています。
今はネコちゃんも部屋飼い、去勢、避妊手術を勧められていますが、愛護センターのネコちゃん達もきちんと受けていました。
悲しい命を増やさない為に皆さん一生懸命されています。

一時期より少しは保護されている子達は減ったということでしたが、まだまだ沢山のネコちゃん達が新しい家族との出会いを待っています。
動物と一緒に暮らすというのは生半可な気持ちではできません。
そうなると、また悲しい命を増やす事になるからです。
きっと皆さんの中にも私と同じように、この子達をみんな家に連れて帰ってこられたらどんなに良いだろうと思もわれてる方も沢山いらっしゃるでしょう。
共に暮らすという事は、この子達の一生の責任を持つという事です。
この子達に温かい家族の優しさを・・・
一生共にと思われている方、講習会や譲渡会、見学は愛護センターに問い合わせてみられて下さい。




 
 
 

営業時間(火葬時間)9:30〜17:00
納骨堂・墓地のお詣りが、元旦以外は、日曜・祝日
関係なくいつでも自由にできます。(9:00〜17:00)

当苑は昭和63年6月に熊本県知事の許可を正式に得ております。(熊本県指令建第43号)

RSS1.0