熊本のペット霊園、お葬儀は緑薫る自然霊園の蓮華乃郷(れんげのさと)へ。遺体のお迎えから専用ヒツギでの個霊火葬、一体ずつの骨壷の納骨まで、親身にお世話させていただきます。

Topic
Menu

熊本のペット霊園、お葬儀は蓮華乃郷

霊苑日記

  • お問合せ
  • 交通アクセス
  • 元旦以外年中無休(24時間対応)

霊苑日記 - 2014年4月

愛護センターのワンちゃん達

こんにちは!

ゴールデンウィークに入りお休みの方も多いのではないでしょうか?
事故等に気を付けて楽しいお休みを過ごされて下さいね!

さて、先日お伝えしましたが、皆様からご寄付いただいたフード等を熊本市動物愛護センターさんへお届けに行ってまいりました。
その際、沢山のワンちゃん達が日向ぼっこをしていたのでセンターの方の許可をいただいて撫でたり写真を撮らせていただいたりしてきました。

現在も沢山の子たちが保護されているそうです。
センターの方達も小さな命を守るため繋ぐため懸命にされています。
たくさんいるワンちゃん達の名前を笑顔で呼び、お散歩をさせてらっしゃいました。
写真撮影しているワンちゃんもいて、撮るのに皆さん一生懸命に地面に寝転がったり名前を呼んだり。
きっと新しい家族との御縁があるように、より可愛く撮影しようとされているんだろうなと改めて皆さんの愛情を感じました。

近づくと元気いっぱいに吠える子。
ジーッと見つめて様子をうかがっていそうな子。
ちぎれんばかりに尻尾を振ってくれている子。

ワンちゃんに近づくと、私の方が嬉しいくらい顔をベロベロ舐めてくれたり、膝に乗ろうとしたりしてくれとても嬉しかったです。

色んな事情があって保護されている子たち。
過去にはきっと辛く悲しい思いもいっぱいしてきたのだろうと思います。
人間を信じられなくなるような辛い思いをした子だっているはずです。
人間のように言葉が喋れるのなら文句の一つも言いたいくらいでしょう。

それなのに初対面の私にまで笑顔で出迎えてくれたワンちゃん達。
なんて純粋で綺麗な心なんだろうと思いました。

保護されている沢山の子たちが良い御縁に巡り合え、家族の愛情と優しさの中で生活できる日が来ることを願うばかりです。

私も子供の頃から、父が捨て犬を拾って来ることがしょっちゅうあり常にペットがいる生活をしてきました。
今もワンコがいますが
「この子にはお父さんお母さんも兄弟もいないし、私たちしか頼れる人はいないんだよね・・・」
いつも思います。
ペットを家族に迎えるということは、もちろん大変なこともあります。
この子たちは人間のように全て自分でできるわけではありません。
しかし人間と同じ大切な命です。
決して安易な気持ちで飼わないで下さい。
最後まで責任をもって迎えてあげて下さい。

私にはこうやってお伝えすることしかできず本当に申し訳なく思います。

ただ、無責任な人間のために悲しい思いをするワンちゃんネコちゃん達がこれ以上増えない事を強く願っています。

もしこの子たちを新しい家族にと思われる方は

熊本市動物愛護センター
(096)380−2153
にお問合せされてみてはいかがでしょうか。



 

営業時間(火葬時間)9:30〜17:00
納骨堂・墓地のお詣りが、元旦以外は、日曜・祝日
関係なくいつでも自由にできます。(9:00〜17:00)

当苑は昭和63年6月に熊本県知事の許可を正式に得ております。(熊本県指令建第43号)

RSS1.0

Page Top