熊本のペット霊園、お葬儀は緑薫る自然霊園の蓮華乃郷(れんげのさと)へ。遺体のお迎えから専用ヒツギでの個霊火葬、一体ずつの骨壷の納骨まで、親身にお世話させていただきます。

Topic
Menu

熊本のペット霊園、お葬儀は蓮華乃郷

霊苑日記

ホーム > 霊苑日記 > 熊本市動物愛護センター2
  • お問合せ
  • 交通アクセス
  • 元日以外年中無休(24時間対応)

熊本市動物愛護センター2

こんにちは!
今日の熊本はとても寒いです。
いよいよ冬ももうそこまで来てるのかと思うと寂しいような気がします。
地域によっては悪天候で危険な所もあるとか・・・
皆さんくれぐれもご注意ください。

しばらく更新してませんでしたが、前回は熊本市動物愛護センターのネコちゃんに対するセンターの方のお話でしたが、センターにはもちろんワンちゃんもいます。
動物たちの殺処分ゼロの「熊本方式」でよくメディアでもとりあげられご存知の方も多いと思います。
センターやボランティアの方々の力で沢山の命が救われている一方でセンターは飽和状態だそうです。

毎月お邪魔させていただいた時は必ず慰霊碑に手を合わせます。
その慰霊碑の横奥に犬舎があります。
いつも沢山ワンちゃんの声が聞こえます。
その犬舎の入り口に保護されている沢山のワンちゃんの写真が貼られています。
それぞれ名前がついていて、カメラ目線だったり、すまし顔だったり。
センターの方と写っているワンちゃんもいます。
その写真が穏やかで笑顔が素敵で毎回しばらく見入ってしまいます。
でもいろんな事情があって保護された動物達。
その子達がどうやって今に至るのか私にはわかりません。
でもきっと辛い思い出があったり、人間が大嫌いになったりした子もたくさんいると思います。
以前、霊園スタッフが
「動物って捨てられたり、いじめられたりした過去を忘れないそうです。
そしてそれがフラッシュバックして、もう捨てないで・・・もういじめないで・・・って思うそうですよ」
と言っていました。

笑顔のセンターの方と一緒に写っている子達を見ていると、少しでもそんな悲しい過去を忘れるくらい沢山の愛情をくれる家族と出会える子が一匹でも増えるといいなと心から思います。
動物に携わる職業をしているものとして少しでも役に立てるようしていきたいと改めて思いました。

このブログでも譲渡会のお知らせなどをしていきますので、新しくワンちゃんネコちゃんを家族にと思われている方は是非センターの方にお越しになってみてはいかがでしょうか?



 

営業時間(火葬時間)9:30〜17:00
納骨堂・墓地のお詣りが、元日以外は、日曜・祝日
関係なくいつでも自由にできます。(9:30〜17:00)

当苑は昭和63年6月に熊本県知事の許可を正式に得ております。(熊本県指令建第43号)

RSS1.0

Page Top